WEB展示会 2018 「人外の城殺人事件!!」 パート1


*この物語は、RUBY人形教室の10月恒例。
WEB展示会の生徒様教室作品で出来ています。
作者は写真提示ごとに作者名を入れていますので、
生徒の成長ぶりなど毎年、楽しんでいただけたらと思います。
人形ー生徒&RUBY作。物語ーRUBY作。^^





b0162357_14405773.jpg



さてさて。。。
この物語には、人間は登場いたしません。

この場を仕切らせて頂くのは、
怪獣王子「ナーナ」

怪獣王キングはちょっと野暮用で出かけているので、
(何やら海賊どもと揉め事があったらしく、南海の海で暴れているそう!)

一人息子のナーナ君が替わりにナレーターを務めます。。





ーーーーーーーーWEB展示会 2018 人外の城殺人事件!!ーーーーーーーーーーー






「ナ~~!今晩は~~!
ぼく、怪獣王子ナーナ君です♪よろしくナ~~!」

b0162357_13442565.jpg
「怪獣王子ナーナ君 RUBY作」




「ナ~~この物語は、人外の城で起こったある事件のナ~、
ことなんでしゅ。。僕生まれてなかったけど~~ナ~~!
人外の城はあれだナ~~!!」


b0162357_13453356.jpg

b0162357_13491924.jpg



「多分、今から800年前のことでつ。。
あの城で、ある人外が殺されまちた。。
それからあの城には幽霊が出るという噂。。。ナ~~~~!!!(恐)」


b0162357_13431882.jpg


僕ナ~~!まだ幽霊見に行ってないナ~~。。恐いナ~~!!」



「で。。

この不気味な城は、僕のおじい様。。
怪獣王ギャオスの時代のものなんでつナ~~!

キング父様から聞いた、
恐ろしくも不思議な物語を皆様に語りたいと思いまつ。。ナ~~。。」


「ではでは、物語を始めますナ~~!!
   あばば~~~!!!」


b0162357_13550867.jpg






~それは2匹の小さな妖精の欲望から始まった、、
人外王国を巻き込むほどのミステリアスな物語。。。。

きっとこの妖精たちに悪気はこれっぽちも無かったんだナ~~!!!



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


小さな花の妖精。
A&Bは美しい湖、ダッカルビ湖で、
今日も追いかけっこをして遊んでいた。

「あははは。。あははは。。♪」

b0162357_14052740.jpg
            「花の妖精 A&B MIKA様作」



「あはははは。??。。」

b0162357_11514567.jpg


その時、キラリとひかる光のかけらのような物を、目ざとくもBは見つけてしまった!


「A あれはなんだろう?ほら、あそこの岩の先っちょにある光るやつ」

「B あれはなんだ?何かいいものか?
ちょっと見てみよう」



b0162357_11271552.png




AとBは美しいその光る石のようなかけらを
岩から引き剥がそうとしたが、
ビクとも動かない。

「でもこれ欲しいよね!」
「欲しいよね!」


AとBの心は1つ、光る綺麗なそのかけらを
岩から引き剥がそうと躍起です!

「A なかなか取れないねー!」
「B 小石で叩いてみようよー!」

バッキ!!バッキ!!バキキ!!

b0162357_11284404.png

b0162357_11523896.jpg



「痛ってーな!このくそガキども!!!」


いきなり岩が動き出した。。。@@
ぼぼぼぼぼ。。。。。



b0162357_11291621.jpg


中から出てきたのはなんと!怪獣王ギャオス!!
しかも怒ってる!!

b0162357_11294795.png
「怪獣王ギャオス」RUBY作




「わ~~!王様、ごめんなさ~~い!!」

b0162357_11302052.png



AとBは平謝り。。なんせ、宇宙を又に駆けた冒険王のその名も名高い
ギャオス王がお怒りです!!

「僕ちん!この岩の中でお昼寝してたのに、いきなり殴るなんて何事だ!!」プンプン!

b0162357_11304449.png



「ギャオス王様がこの岩の中にいるなんて知らなかったんです〜〜!
岩の隙間に、綺麗な石があったから、岩からこそげ取ろうと思ったんです〜〜〜。
ごめんなさ〜〜〜い!」

AとBは泣き真似しました。


b0162357_11311072.png





外面怖いけど、心の優しいギャオス王は、二人を可哀想に思い、
許してあげる事にしました。


「仕方ないな、チビども!今回だけは許してやる。
それにしても、綺麗な石は何処に??」


3人は岩を見回しましたが、あの石は何処にもありません。


「あれ〜〜、確かにあったのに〜〜。ね〜〜A!」
「確かにあったよ!B!!」


不思議な事があったもんだな。と3人が首を傾げていると。。

キランと光る物が王様の頭のツノに刺さってる。

b0162357_11314331.png


b0162357_11320562.png



「あれあれ、王様、頭に刺さってるよ!」B
「綺麗な石が刺さってる!それ下さい!」A

なになに?と王様が頭に手をやると、光る石がコロンと落ちました。。


「それ、Bが見つけた。Bのもの」
「それ、Aが取ろうとした。我らのもの」


b0162357_11530525.jpg



さっきまでのしおらしさは何処へやら、AとBは王様に詰め寄ります。

「あれれ?ちびどもは結構がめついぞ!これはお灸を据えてやらねばな」

礼儀に厳しいギャオス王は怖い顔で言いました。

「これは僕ちんのツノに刺さっていたものだ、だから必然的に僕ちんのもの。
文句あるならあの城に来い!相手になってしんぜようぞ」


言うが早いか、ギャオス王は又岩の中に入り、入口を閉じました。

b0162357_11535933.jpg



ぎぎぎぎぎ~~~!!
b0162357_11331530.jpg




AとBは岩の入口をこじ開けようとしましたが、時すでに遅し、
入口は開かず、王様も去って行きました。


「A〜〜!光る石行っちゃったよ」
「B〜〜!我らの石、行っちゃったよ」

「ギャオス王が取っちゃった」
「ギャオス王が盗んだ」

「我らの石を取り返せ!」
「我らの石を盗み返せ!」

AとBは悔しそうに、ギャオス王の城、人外の城を睨んでいました。



b0162357_11340750.png


「く~~や~~し~い~~??」
突然頭の上から声がしました。

??

「ねぇ。。くやしい??」


空を見上げるとなにやら黒い物体が。。。

b0162357_14340258.jpg


太った蜂???尻??

b0162357_14342527.jpg

b0162357_14345102.jpg



いやいや、、太った赤ちゃん??

b0162357_14353831.jpg

「しっつれいだな~~!!僕は悪魔の子だよ!」


b0162357_14362548.jpg




「え”~~~~!」AとBは驚きました。。
ベビーフェイスの悪魔です。。


「僕はコヨーカ君です♪^^
悔しいなら、いい人紹介してあげるよ!
魔女パールがきっと君達を手伝ってくれるよ!」

b0162357_14370219.jpg
                「悪魔の子コヨーカ君 雛菊光 作」




「え~~!なんでそんなに親切に教えてくれるの?」A
「あやしい~~」B


b0162357_14413712.jpg





「だって悪魔だから、、悪魔はいつだって、
君達の味方なのさ」


b0162357_14373270.jpg




「う~~む、、良く分かんないけど、、ま、いっか!!」A

「魔女パールに相談しよう!」B
「そうしよう!!」A

b0162357_11561210.jpg



ちっこい妖精達は、早速、魔女の家に行く事にしました。

「しめしめ。。面白くなってきたぞ!うひゃひゃ。。」コヨーカ君



b0162357_14421721.jpg



コヨーカ君の目的は、、果たして。。
AとBは宝石を奪還できるのか???
この続きは、、、
明日のお楽しみ~~~♪^^




〜〜〜明日に〜〜〜続く。。〜〜〜〜



b0162357_11564539.gif




BY-RUBY^^




つも見てくれてありがとうございまつ♪^^
がんばってブログ更新しますので。。
みなしゃん、良かったらぽちっとしてってね♪ 
おねがい~♪ m(__)m
 ↓

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ








by emeraldm | 2018-10-30 07:03 | 人形教室 | Comments(0)

創作人形  (サーニット / ポリマークレイ) 人形教室開講中♪ 店舗「アトリエ まみ」☆お人形のお問合わせはこちらのメールアドレスまでお願いします。kadooroo☆yahoo.co.jp(←☆を@に変換してね。)